医療脱毛 保湿

脱毛をするならきちんと保湿をしよう

脱毛クリニックでは、お肌が乾燥していると施術を断られてしまうことがあります。

 

脱毛をするのであれば、しっかり保湿をしてしっかり水分のあるお肌にしていくことで、
ツルツルで綺麗なお肌を目指しましょう。

 

最近ではメンズ脱毛もありますが、男性はスキンケアをしないことも。

 

ヒゲソリをするとカミソリ負けをする・・・と言う人もいますが、専用ジェルをつかっていないとか
剃った後に何もしないという人も多く、ダメージを与えてお肌に負担をかけてしまい、乾燥肌に
なってしまうこともあるのです。

 

 

脱毛にしてもカミソリにしてもお肌に負担をかけ、乾燥してしまいます。

 

乾燥したのをそのままにしておくと
・脱毛が行えない
・肌トラブルが起こりやすい
・脱毛時に痛みが強くなる
・ターンオーバーが乱れる
・敏感になりやすくなり、刺激に弱くなる

 

などのデメリットがあります。

 

 

保湿を過剰にするのではなく、健康な肌作りをすると考えてください。

 

表面だけの保湿をするのではなく、きちんと肌の内部の水分量を普通にしていくことで本来の
健康な肌作りになります。

 

脱毛サロンであれば、きちんと脱毛後に保湿をしてくれるため「前よりキレイになった」と言う人も
たくさんいます。

 

ホームケアがわからないとか、乾燥肌が気になっている方はカウンセリングできちんと相談を
するとケア方法を教えてくれます。

 

 

まずはトラブルのない肌を目指すために、乾燥しない肌を目指すこと!

 

熱いお風呂に入らないことや入浴剤やボディーシャンプーなどを変えてみるなどのちょっとしたことから、
保湿を日々の習慣にするなど心がければ、ツルツル美肌を目指すことができます。

 

特に脱毛後は乾燥したり敏感になっていることが多いため、自分に合った優しいローションや
美容液、オイルなどできちんとケアをしていくようにして下さい。

 

お肌の水分量は若さを保つ秘訣です。

 

脱毛する部位だけではなく、全体的に普段ケアしないところでも気遣ってあげると、あとあと
若くてきれいなお肌を保つことができます。

 

未成年でも脱毛は可能か

 

思春期を迎えて体に様々な変化が訪れると、体毛も子供の頃に比べて濃くなる場合があります。

 

また、精神的にも外見を気にする年齢になってくるため、1
0代のうちからムダ毛をなくしたいと思い始める人も少なくありません。

 

エステサロンや医療機関で行っている脱毛には特に年齢制限があるわけではありませんが、
一般的に未成年に対する施術は積極的に行われていません。

 

これは思春期の体はまだホルモンバランスが整っている状態ではないからで、
中には生理が順調にきていることを条件としているエステサロンもあります。

 

脱毛は毛の生え変わる時期に合わせて行うことが一番理想的とされています。

 

ホルモンバランスが整っていないとこの毛周期も不規則になりやすく、
大人に対する施術と同程度の脱毛効果が期待できないこともあるのです。

 

また、肌トラブルを起こしてしまう可能性も高いため、
成人を迎えてから施術を受けるほうがより安全性が高いと言えるでしょう。